コンタクトレンズのデメリット

正しい使い方を守れば基本的に大きなトラブルはありませんが、それでもデメリットはあります。

一番のデメリットは紛失してしまうことです。眼鏡はかけっぱなしであれば紛失することはほとんどないでしょう。コンタクトレンズは装着中でも衝撃などで外れてしまうことがあり、落としたまま見つからなかったり壊れてしまったりすることがあります。花粉症や結膜炎などの目のトラブルによって一時的に使えなくなってしまうこともあるので、矯正しないと生活ができない人の場合はスペアのレンズや眼鏡を用意する必要があります。コンタクトレンズと洗浄液などの手入れに必要な用品、予備の眼鏡などで出費が多くなってしまいがちです。まとめて購入したり通販を利用するなどして、うまくコストを削減しましょう。

長期間使えるタイプのコンタクトレンズは使い捨てのものと比べると費用は安いですが、その分毎日の手入れが必要になります。手入れには特に時間や手間がかかるわけではありませんが、めんどくさいと感じる人も多いです。きちんと手入れをしないと眼病などのトラブルにつながるため、毎日手入れできる自信がない人は使い捨てタイプを選ぶと良いでしょう。旅行中など手入れが難しい時だけ使い捨てタイプを使うなど、臨機応変に対応しましょう。