コンタクトレンズの種類

コンタクトレンズには大きく分けて2つの種類があります。

ハードコンタクトレンズは堅く酸素を通す素材で作られていて、黒目よりも小さいのが特徴です。目の健康にはハードタイプの方が良いと言われる他、サイズが小さいため付け外しがしやすい、雑菌が繁殖しにくく水道水でもお手入れが可能などのメリットがあります。一方初めて使う時には異物感が大きく、慣れるまで時間がかかったり、ゴミが入った時に痛いなどのデメリットもあります。一般的に使い捨てではなく、長期間使えるものがほとんどです。

ソフトコンタクトレンズは柔らかく水分を含む素材で作られていて、黒目よりも一回り大きくなっています。違和感が少ないため初めてコンタクトレンズを使う人に適しています。ずれたり外れてしまうことが少ないので落としてなくなってしまう心配が少なく、スポーツにも向いています。違和感が少ない分付けていることを忘れてしまったり、目にトラブルが起きていても気付きにくいというデメリットもあります。1dayや2weekなど短期間のものが多いですが、1年使えるタイプもあります。どちらが良いかはその人の体質やライフスタイルによって変わってくるので、最初に購入する時には専門家のいるお店で相談するのがおすすめです。